【カクテル・レシピ】ジントニック
カクテル名  ジントニック
度数  普通(5%ほど)
飲み口  すっきりやや甘い
 透明
カクテルベース  ジン
カクテルタイプ  ロングカクテル
グラス  タンブラー
製法  ビルド
おすすめ度

ジントニックとは

ジントニックとはその名の通りジンをトニックウォーターで割ったカクテルです。世界的にもポピュラーなカクテルのひとつですね。

小説家「ヘミングウェイ」が好んだとされ、『海流の中の島々』などいくつかの作中にジントニックが登場します。独自のレシピがあるので詳しくは別記事「ヘミングウェイ・ジントニック」を参照ください。

ジントニック誕生の由来は、熱帯地方のイギリス植民地でマラリア防止のためとして飲まれていたトニックウォーターにジンを入れてみたら、ぶっ飛ぶほど美味く大好評だったと。その後、第二次世界大戦後にさらに世界中に広まっていったと言われています。

当時のトニックウォーターは、炭酸水に柑橘類の果物の皮や香草などを加え、さらにキナの樹皮からとれる「キニーネ」という成分をブレンドして作られていました。このキニーネは、マラリアの原因となるマラリア原虫に対して毒性を示す特効薬として1980年頃まで世界中で重宝されていました。

ただし、

  • 胃腸障害
  • 視神経障害
  • 血液障害
  • 腎障害
  • 心毒性

といった副作用もあるため、人工的な抗マラリア薬が開発されると使用頻度は下がっていきました。キニーネには強い苦味があるのですが、その苦味をジンがやわらげることが発見され「ジントニック」が誕生したと言われています。

ちなみに現在市販されているトニックウォーターのほとんどは実際にキニーネは入っておらず、香料が代用されています。

ジントニックのレシピ

ジントニックの材料

ドライジン 30ml(分量はお好みで増減させてください)
トニックウォーター フルアップ
ライム 1 / 8

合わせて読みたい

  • カクテル用語「フルアップ」って何のこと?

ジントニックの作り方

  1. 氷を入れたタンブラーに ジン→トニックウォーター の順に注ぎ、やさしくステアする。
  2. ライムを絞り飾る。

    合わせて読みたい

    • カクテル用語「ステア」って何のこと?
    • 「ビーフィーター」ってどんなジン?

    作り方はシンプルで、氷を入れたグラスに材料を入れていくだけです。ただし、ジンもトニックウォーターもいくつも種類があるのでどの銘柄を使うのか、ライムの有無、入れる順番などで結構味が変わります。

    バーテンダーのこだわりが出ることも多いので、各店でも違った味が楽しめるかと思います。また、ご自身の好みを見つけてみるのも一興ですね。

    Mil's一押しのジントニック用ジンはのど越し良くゴクゴク飲みたいなら定番の「ビーフィーター」、シトラス系のジンの爽快な香りを贅沢に楽しみたければ「タンカレー No. 10」です。

    ジントニック関連カクテル

    ジンベースの代表的なカクテル

    ジンベースのおすすめのカクテル

    ジントニックと似た飲み口のカクテル

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事